« 今日の天然記念ブツ | トップページ | 今日の背中から撃たれても卑屈に笑顔で憑いていきます »

今日のプロとしての目利き具合を推し量る

山本 一郎隊長の常になく曖昧になってない記事

[「年金2,000万円不足問題」の火付け役になった朝日新聞の自殺行為 | 文春オンライン](https://bunshun.jp/articles/-/12468)

思うに元の報告書が「夫婦の老後が月26万円」ってのに不信を感じない上級国民の皆様が作ってるわけで、そういう月26万円で暮らそうってご夫婦の年金は「そもそも20万円なのか?」って「25万以上30万近く」なんじゃないかって。A新聞ジャーナリストとして原本のイロモノ性に着目出来てないところが欠格くさいなと思いますね。一次データを直感的に切り分ける能力がイマイチなんじゃないかとか、いや直感的に利用できる方向をかぎ分けたんだとか。このプロは報道のプロじゃなくて工作員としてのプロだったらナカナカ腕がいいんじゃなかろうか とか

|

« 今日の天然記念ブツ | トップページ | 今日の背中から撃たれても卑屈に笑顔で憑いていきます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の天然記念ブツ | トップページ | 今日の背中から撃たれても卑屈に笑顔で憑いていきます »