« 今日の横綱は品格に始まり品格に終わる話 | トップページ | パンツの民主主義 »

怪文書なのかガセなのか本物なのか?

[伊藤詩織さん事件に関する政府(アイヒマンこと、北村内閣情報官)の暗躍と隠蔽工作を証する内部文書が発覚  赤かぶ](http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/853.html)

|

« 今日の横綱は品格に始まり品格に終わる話 | トップページ | パンツの民主主義 »

コメント

どっかからパクった時系列に入れてみると
逮捕状発行との前後関係が微妙だが
-------------------------
 事件は2015年4月3日。
 2015年4月9日 警察に相談(高輪署)

今回文書(2015年6月5日)

 2015年6月初め 逮捕状発行
 2015年6月8日 逮捕状執行直前 停止
 2015年8月26日に書類送検。
 2016年5月に山口敬之はTBSを退社。
 2016年6月に著書『総理』(幻冬舎)を出版。
 2016年7月22日に嫌疑不十分で不起訴に。

投稿: 本人 | 2018年9月20日 (木) 11時00分

-------------------------
[こんなの、出して来た : 鳶の羽]
http://blog.livedoor.jp/korban/archives/1072625481.html

-------------------------
[役人Aさんのツイート:
"準強姦揉み消しの内部メモを5ちゃんねるにアップしたのは私です。 官邸による揉み消しが報道された時から「資料捨てろ」という命令は出ていましたが、財務省文書改竄が発覚してからいっそう酷くなりました。簡易なメモや公的とは言えない記録も含めて、政権に不都合な文書は一切処分せよと"]
http://twitter.com/shoujikikousei/status/1042394607143677952?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1042394607143677952&ref_url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fkorban%2Farchives%2F1072625481.html

投稿: 本人 | 2018年9月20日 (木) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪文書なのかガセなのか本物なのか?:

« 今日の横綱は品格に始まり品格に終わる話 | トップページ | パンツの民主主義 »