« 弱い政治で弱くなった通貨? | トップページ | 今日の美しい日本 »

今日の5年前に見えていたこと

フツーのオジサンだけどね

[今日の日銀がホリエモン: 鳥の使命](http://nessty.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-ae61.html)

二倍二倍で実は希薄化してるんだが口先で価値が増してるんだと言い続けた。

経団連の米倉の笑いも止まらないようだが

1:円安で輸出が増えるかもしれないが、その利益のドル換算額は円安で低く評価されるので、ドル換算価値を高める為に更に輸出を増やそうと薄利輸出しないといけなくなる?ツー事はそれが国内に流れて国内デフレ?

2:そのうち日銀が下取ってくれるからと国債買われてるが、日銀の買い取り金額は時価だろ?よーするに2%インフレに向かって負けるしかないんじゃないか?あるいは→インフレが来ない?

時価総額最大化

投稿者 疾風怒涛体操 日時 2013年4月 5日 (金) 22時15分 固定リンク

|

« 弱い政治で弱くなった通貨? | トップページ | 今日の美しい日本 »

コメント

これを称して 「 黙って座ればピタリと当たる 」

投稿: 本人 | 2018年8月12日 (日) 17時59分

そこで、5年ぶりに座ってもらうと

デフレが続いてモノの値段が安くなり続けると、
ついに0円になって通貨が必要ない社会が来るんだよ っとさ。

投稿: 本人 | 2018年8月12日 (日) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の5年前に見えていたこと:

« 弱い政治で弱くなった通貨? | トップページ | 今日の美しい日本 »