« 放射能は光る | トップページ | 瑞穂の国 記念勝負学院 »

落としどころを用意してあげる必要

例の「海水注入を止めたのは 他でもない菅総理だったのです」みたいなのの裁判。最高裁で上告棄却で「そう推測される状況があったんで名誉毀損に当たらない」って決まったようです。

菅さん側の名誉毀損って罪名?がナニだったんですよ
主訴を「訂正し謝罪を求める」にして、要求賠償金10円とかにしとくべきだったんですよ。訂正は間違いなくとれたんだから。

そうしなかったんで海水を止めたのは菅さんじゃなかったって裁判で認定されても、それは賠償を必要としないって答えしか出ないんですよ

つまり、訂正と謝罪を主にしなかったから 認定されても形になるものは何もとれなかった って事で

-------------------------
名誉毀損裁判の上告棄却|菅直人オフィシャルブログ「原発ゼロと平和な未来」の実現を目指して Powered by Ameba
http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-12250183409.html

|

« 放射能は光る | トップページ | 瑞穂の国 記念勝負学院 »

コメント

安倍も「当時はそう推認される状況があったが、その後間違っていたと知った」「その部分に関しては訂正し謝罪したい」とか言うどころか「朝日新聞に続いて菅にも勝った」みたいな勝ち鬨(かちどき)をあげられちゃったじゃないかよ

投稿: 本人 | 2017年2月22日 (水) 23時49分

あ。俺はもう原発から離れられない管直人を見捨てたんだがね。

投稿: 本人 | 2017年2月22日 (水) 23時51分

こんな感じなら名誉棄損にならないそうなんで
-------------------------
「国有地を森友学園に只同然であげたのは、他ならぬ安倍総理だったのです」
ってのも名誉棄損にならなそうな気がするが

投稿: 本人 | 2017年2月28日 (火) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落としどころを用意してあげる必要:

« 放射能は光る | トップページ | 瑞穂の国 記念勝負学院 »