« 瑞穂の国 記念勝負学院 | トップページ | 昭和歌謡/ ♪ 辞任は遅かった »

炊けてるご飯の食味に関する時代的考察

昨年末 片付けていたら緊急備蓄のチョーシタっぽい缶詰を見つけ食べてから時々そういうのを食べるんだが、付随して変わったのが「炊けてるご飯」。これまではS&Bのが定番だったんだが、最近は「サトウのごはん」ばっかで。魚系のおかずがご飯を選ぶとか。しかし時代はお肉に偏ってるわけで、「サトウのごはん」も肉に合う製品を出すとか、そういうアピールの仕方をするとかしないと、時代と合わなくなっちゃうかもしれないぞ、っと

|

« 瑞穂の国 記念勝負学院 | トップページ | 昭和歌謡/ ♪ 辞任は遅かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炊けてるご飯の食味に関する時代的考察:

« 瑞穂の国 記念勝負学院 | トップページ | 昭和歌謡/ ♪ 辞任は遅かった »