« GPIF/ 安定的運用 | トップページ | 犬は物資か自立する個性か »

座骨神経痛らしいものその後

座骨神経痛のようなものなんだが、画期的に良くなっていて、地道な自己流ストレッチも有るんだが、↓な前後開脚が何気に効いたみたいで、これって脚、腰と上体の関係がなんつーかシッカリするでしょ
Zenngo
だけど、画期的に良くなりながらもやっぱりアレなんだが、
さらに凄いのは、良くなってきてから走りたくなってきたんだよね。
で普通に走ると太ももの裏のお尻の下辺りがジンジンするんだが、その場駆け足してるとほとんど痛くなくて、それでいて走りたい気持ちも満たして、案外良いと。その場駆け足が梨状筋と座骨神経の治まり関係を動的によくしているようで、事態は良い循環に入ってるのかも知れない と

とか言ってるうちに実際に走ったりして、やっぱ相当ジンジンするんだが、でも走れる と。2-300mぐらい行くと呼吸や脈は大丈夫なんだが、全身症状として限界になって、ま1年後に1km走れるぐらいで良いから今は無理せずと

テー事で。まだ痛いけど未来が明るい。夜明けは近いかもツー事で ヨロシク矢沢です

|

« GPIF/ 安定的運用 | トップページ | 犬は物資か自立する個性か »

コメント

12/14。そんなに痛まずにだいぶ走れるようになってきた。って言っても2-300mだが。でスピードが上がると息が切れるんで、意識してゆっくりにする。

周囲の人から見ると膝で衝撃を吸収して「あ。アシモフ」みたいな走り方になってる気がする。

投稿: 本人 | 2016年12月14日 (水) 23時57分

ある程度動ける所まで来たら動的に梨状筋と座骨神経の折り合いを付けていった方が良いみたいだな。

投稿: 本人 | 2016年12月15日 (木) 00時02分

二~三回に分けると2kmぐらい走れるようになった。
信号等で止まると次の走り出し時に後ろ腿が痛いが、少し走るとそれほどじゃなくなる。止まったときもその場駆け足で筋肉を動かし続けた方が良いようだが、ヒョイヒョイしてるあぶないオジサンになっちゃうんで悩みどころだ

鼓動も呼吸もやや強くなるがすぐおさまる。
二年弱歩くのも痛いぐらいだったんで、温和しくしてて筋肉無くなったのかも知れない。
座骨神経痛らしいのは なおゆっくりとした改善が続いている、って政府発表があった

投稿: 本人 | 2016年12月24日 (土) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 座骨神経痛らしいものその後:

« GPIF/ 安定的運用 | トップページ | 犬は物資か自立する個性か »