« 閉会式の小池さん>ラーメン食べたか? | トップページ | お札と実体の価値が乖離し始めてる分野がある? »

アベノミクスでGPIF絶好調

年金運用のGPIF、4~6月は5.2兆円の損失 26年10月以降の通算で初の赤字 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/economy/news/160826/ecn1608260037-n1.html

GPIFは運用割合見直しで、国内債券を60%から35%に引き下げ、国内株式と海外株式をそれぞれ12%から25%に増やした。

ヨーするに ↓ だが、アベノミクスで投資比率を変えたので、この三ヶ月だけで3兆5千億円ほど赤字が拡大したって事なんだな(あくまでオジサン電卓です)。年換算では(4四半期)だから四倍すると、実損が21兆ぐらい。アベノミクスだったんで余分に11兆円損が膨らんだと。孫じゃないぞ間違えるなよ>皆の衆

-------------------------
日経の一昨年の記事 ↓

GPIF、運用見直しを決定 国内株25%に引き上げ
2014/10/31付
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL31HDQ_R31C14A0000000/
◎GPIFの資産構成割合

    今回発表した割合 6月末時点の比率   これまでの割合

国内債券      35%     51.91%        60%
国内株式      25%     16.79%        12%
外国株式      25%     15.54%        12%
外国債券      15%     10.76%        11%

↑を現実のプラマイと、アベノミクスがなかったと仮定したプラマイで表にしてみると ↓ (あくまで第一四半期の三ヶ月分だけでだぞ)
-------------------------アベノミクス---- 元の比率なら
国内債券 60% → 35% = +0兆9383億円  +1兆6085億円
国内株式 12% → 25% = -2兆2574億円  -1兆0835億円
海外株式 12% → 25% = -2兆4170億円  -1兆1601億円
海外債権 11% → 15% = -1兆5193億円  -1兆1090億円
---------------- トータル -5兆2554億円  -1兆7381億円 差額は3兆5173億円

今日の蟻地獄へ落ちたGPIF: 鳥の使命
http://nessty.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/gpif-61f5.html

|

« 閉会式の小池さん>ラーメン食べたか? | トップページ | お札と実体の価値が乖離し始めてる分野がある? »

コメント

これまでの比較的妥当だった投資比率を見直す場合少しずつ変えるわけで、
一気に倍半分とか、どこのトーシロおじサンかと

投稿: 本人 | 2016年8月26日 (金) 23時00分

63歳のオジサンは勝ち逃げだけどね

投稿: 本人 | 2016年8月27日 (土) 00時10分

「損も複利でする」

投稿: 本人 | 2016年8月27日 (土) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アベノミクスでGPIF絶好調:

« 閉会式の小池さん>ラーメン食べたか? | トップページ | お札と実体の価値が乖離し始めてる分野がある? »