« 今日の昭和の話 | トップページ | 意味がわからないから凄いという世界 »

対案は違うくないか?

↓。安保関連法に対して対案を民主維新の共同提案で出すかもと。ここで新たにわからないことが。
政府提出で衆議院で通った安保周辺法とは違うので、これの可否決は衆議院での再可決に影響しないと思うが、じゃあ、衆議院から回ってきた法案が参院で修正可決された場合の60日ルールの扱いはどうなるのか?と。また十分な審理時間をかけないとナニなのか?

民主・維新 周辺事態法など改正案“共同提出も” NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150812/k10010187271000.html

どっちにせよ60日ルールに対するカウンターではないので、これで気が済んで、当座の目的をないがしろにしないようにしないとさ

|

« 今日の昭和の話 | トップページ | 意味がわからないから凄いという世界 »

コメント

参院で修正可決されると面倒だから「対案を出せ」って誘導してたのかもしれないな

投稿: 本人 | 2015年8月12日 (水) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対案は違うくないか?:

« 今日の昭和の話 | トップページ | 意味がわからないから凄いという世界 »