« 今日の元首じゃなくて総理 | トップページ | 日本の一番おぼつかない記憶 »

今日の大阪市の品格

公民ってーと社公民とは違うのか?って昭和なボケはともかくとして
育鵬社の「新しい歴史教科書をつくる会」系公民教科書を大阪市が採用したとかだが、教科書選択の自由が自治体にあるんで多様性が確保されてるって証拠だよね。その際にお品が良いかは別にして

お品が悪いのはそういう感性の持ち合わせがないって事で、大人になってからどうにかなるもんじゃない、官邸のHPでも子供の時に飼い馴らさないといけないって、遠回しにハシシタさんや安倍ちゃんに自戒が求められてるよね

今日の自分に都合が良い人: 鳥の使命
http://nessty.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-9502.htmlCamion

1.子どもへの方策
厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう

|

« 今日の元首じゃなくて総理 | トップページ | 日本の一番おぼつかない記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の大阪市の品格:

« 今日の元首じゃなくて総理 | トップページ | 日本の一番おぼつかない記憶 »