« 暴力革命と解釈改憲 | トップページ | 集団的自衛権とハサミは使いよう »

オープンの美学はまだ途上

お余所(よそ)の無線LANをハックして悪事の土台にしていた人が捕まったとか

分かるんだが、少し前には「オリンピックに向けて公共無線LANが自由に使えるようになると良いよね」とか「FON」が人に優しいサービスだよねとか言ってたわけで

クローズしてる余所のをハックたらいけないが
オープンにする美学ってのもあるわけで

で、ハックされたら家庭内LANの一員になって、ほかの機材を見てるかもしれないな、とかスーパーハッカーだとホッキョッキョだけどな

|

« 暴力革命と解釈改憲 | トップページ | 集団的自衛権とハサミは使いよう »

コメント

電波出力強度が九層倍と、受信はどうなってたんだ?受信が普通なら発信も普通で良かったかもしれない。過剰装備やね
-------------------------
無線LAN乗っ取り:古い「WEP」を解読か? : IT&メディア : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/it/security/goshinjyutsu/20150612-OYT8T50389.html

容疑者は台湾製のWi‐Fiアダプターを、ネットオークションで購入していた。このWi‐Fiアダプターは、電波法が定める上限の9倍を超える出力の違法機器だった模様だ。

投稿: 本人 | 2015年6月13日 (土) 22時14分

良く分かんない記事だったよなと思ってたら。無線強度的に無許可のを運用したんで電波法違反容疑でって事らしいな。クローズドなのに侵入したのは「不正アクセス防止法」みたいだから、追加逮捕用にとってあるんじゃないか?

今回のは「ハックしたので逮捕」じゃないんだよ。よろしく頼むよな

投稿: 本人 | 2015年6月14日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープンの美学はまだ途上:

« 暴力革命と解釈改憲 | トップページ | 集団的自衛権とハサミは使いよう »