« 産経に推奨される弁解 | トップページ | 今日のプロパガンダ »

バベルの18000円は落雷で崩れるのか

日経平均が終値で18,000円を越えたんだがどうするかね。
不安要素で見えてるのはギリシャと中国。ギリシャはどうなっても規模波及ともオオゴトにならない。中国は金利をいじってまだ余裕がある。とかいってると突拍子もないところから一気に「いよっブラザー」とか引きずり込まれたりした過去も。

で中国が不安になると逃避して資本主義圏の現物に変えようとする資産家が増えるから、国が登記して所有権を補償してくれる不動産なんかは魅力的に映ってるはずなんだな。しかしJ-REIT指数なんかココんとこ落ち着いて来てて中国資産が逃避を急いでる兆候は出てないように見えるんだな。

ツー事は。日経平均18000円超えても、今回はあんまし不安はないと
って言ってると明日一気に とか

|

« 産経に推奨される弁解 | トップページ | 今日のプロパガンダ »

コメント

ひー正誤表。 補償 → 保証

投稿: 本人 | 2015年2月17日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バベルの18000円は落雷で崩れるのか:

« 産経に推奨される弁解 | トップページ | 今日のプロパガンダ »