« フィッチも日本国債格下げ方向か? | トップページ | アベNOミクス/ 期日前投票行ってきた »

朝日新聞は東スポと同じ活字娯楽である

某朝日新聞の偏向がナニだが、アー言うのが過剰に気になっちゃう人達って良くわかんないんだよね。たとえば幸福のリバティがなんか書いてたら笑ってネタにするでしょ。おんなじに受け取らずに朝日はケシカランって。それって相手に権威を与えてるから、自分の中にある権威序列に対してふさわしくないって言ってるわけでしょ?アレはアー言うものって思って芸を楽しめば良いんじゃないかって気がするんだが。

ツー事で俺がナニなのは「出来が悪い」って事で、若いうちにブラックで追い込んで芸を磨く過酷さに直面させるべきだよ。紙面に載るのは40過ぎから。それまでは修行だ ってさ。

メディア界に双子のおかまとかオネエとかいるでしょ。みんな中年だよね。年季が見せる屈折と昇華が芸になってショウビズするってさ。

でも、なんとか48とか学芸会がもてはやされるのはジャーナリズムも同じなんだな。日本だよね。精神年齢は12歳だと。日本にはウエストサイドストーリーは無い(って当然まったく見てないが)

|

« フィッチも日本国債格下げ方向か? | トップページ | アベNOミクス/ 期日前投票行ってきた »

コメント

ペヤングを笑って済ましてるところが大人力ですよ。ってアノ石原壮一郎っていう人はまだ居るのか? ↓この人みたいだな

石原壮一郎の大人マガジン トップページ
http://www.otonaryoku.jp/

投稿: 本人 | 2014年12月11日 (木) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞は東スポと同じ活字娯楽である:

« フィッチも日本国債格下げ方向か? | トップページ | アベNOミクス/ 期日前投票行ってきた »