« 一億火の玉 絶対美 | トップページ | 今日の韓国事情 »

A新聞/ 脳内にしかない言葉

某A新聞の今日の社説(の冒頭)なんだが、人が生まれてることを指して「悲劇」ってのは無いんじゃないか?そんと「代理出産がはらむ問題の」ってこのケースに対して「はらむ」を使うのは無神経なんじゃないか?言葉や概念が脳の一部からしか出てきてない気がするぞ。オウムのヘッドセットみたいなので脳の活動分野を見ると前頭前野しか動いてないと思うぞ。頭より体を動かして自分で生活しないと言葉が単語以上にならないぞ。って体を動かして家事を手伝ったら邪魔だっていやがられたりして。おとーさん臭いから

代理出産―安易な利用が生む悲劇
2014年8月9日(土)付

 母子の人権と尊厳を踏みにじる行為に驚かされる。

 オーストラリア人夫婦がタイで代理出産を依頼した。ダウン症の男児を含む双子が生まれたが、夫婦はその男児だけ引き取らずに帰国した。

 その身勝手な振るまいに国際的な批判が起きている。救われるのは、産んだ女性が男児を育てると表明し、世界中から支援が寄せられたことだ。

 このケースは第三者の女性に受精卵を移植し、妻に代わって出産させる代理出産がはらむ問題の根深さを突きつけている。

光トポグラフィ - Google 検索

Hikarituusinn

|

« 一億火の玉 絶対美 | トップページ | 今日の韓国事情 »

コメント

そう。俺って体を動かして解剖する人に優しいよね。

投稿: 本人 | 2014年8月 9日 (土) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A新聞/ 脳内にしかない言葉:

« 一億火の玉 絶対美 | トップページ | 今日の韓国事情 »