« 右も左もステロタイプで工夫がない件 | トップページ | パソテレが心の支えだった件 »

哨戒艦「天安」/ 似た流速と水深

1ノットは1852m/h。哨戒艦「天安」がナニだとされる海域は潮流5.5ノット=時速約10km。今回のセウォル号の海域でも潮流は6ノットぐらいと報じられて、ほぼ同じである。(また水深も同じぐらいの模様)

天安案件では北朝鮮の潜水艦が潜んで待機していて魚雷攻撃したと公式見解だが、流速早くひと所に安定してとどまっていられないので常に当て舵をして動力で位置を戻して潜水艦にあるまじき騒音を出さざるを得ない状況だったはずで、また安定出来ないので魚雷を有効に命中させる成功率も低かったはずで。

哨戒艦「天安」/ 今日公式発表か /私は負けても負けない件: 鳥の使命http://nessty.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-68e9.html

当サイトの天安案件は →サイト内検索で「哨戒艦」でいくつも出ます。ちなみに私の天安結論は ↓

哨戒艦「天安」/ 私的終了宣言 / スクリュー巻き込み船体ねじ切れ: 鳥の使命
http://nessty.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-d1ba.html

|

« 右も左もステロタイプで工夫がない件 | トップページ | パソテレが心の支えだった件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哨戒艦「天安」/ 似た流速と水深:

« 右も左もステロタイプで工夫がない件 | トップページ | パソテレが心の支えだった件 »