« 雑記/ とっぱちからくさヤミツキ身辺事情 | トップページ | つわぶき と ホトトギス »

みずほ反社/ 200件は数件だった

とってもしつこくて申し訳ないんですが、報告書読んでないけど↓でまとめを書いてくれてるんで。↓本筋は、時代は反社の行為を受け付けないじゃ無くて、反社の存在を排除しましょうって流れになってるんだよと言うことだが、その他の注目点を

-------------------------
世の中ナカナカ複雑なんだから、出会い頭の一撃で決めつけて相手を傷つけちゃいけないよって話で

読むのがメンドイのにそなえて要約すると。
 1: 200件じゃ無くて数件だったと。
 2: 反社名簿も個人情報保護法で別会社(オリコとみずほ)で共有してないのにもそれなりの理由はあった。

郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
http://nobuogohara.wordpress.com/

オリコが経産省に提出した報告書によると、今回問題となった提携ローンを通じた融資147件のうち、暴力団排除条項導入後の融資は37件、そのうち、警察情報との照会で関係者と推認されるものは数件である。

また、新規融資への対応に関しても、銀行側が保有している「反社情報」と、信販会社であるオリコが保有している「反社情報」は異なるので、相互に共有することに関しては、個人情報保護に関する問題があり、ただちに情報を共有して、該当者の新規融資をすべて拒絶すれば良いという単純な対応は取りにくいのである。

マスコミ報道の多くは、「暴力団向けに融資をしていたことを把握しながら、2年間にわたって放置していた。しかも、その事実を歴代の頭取が報告を受けて認 識し、現頭取も、取締役会で知り得る立場にあったのに何もしなかった。」と単純化し、それを前提に、みずほ銀行が、過去からの「暴力団との癒着体質」をひ きずっているかのように批判している。

|

« 雑記/ とっぱちからくさヤミツキ身辺事情 | トップページ | つわぶき と ホトトギス »

コメント

今後みずほとオリコと反社情報を共有しますと

今までに仕入れた情報は共有する旨の特記告知なしに集められたモノだから
勝手に他社に融通したら訴訟対象になるんじゃないか?

投稿: 本人 | 2013年10月31日 (木) 21時12分

新生銀グループも暴力団組員に融資 信販会社通じ十数件:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/TKY201310310366.html?ref=com_top6

暴力団排除:大阪府 GSに勧告「無料洗車はダメ」- 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/m20131101k0000m040021000c.html

-------------------------
次に叩かれるのは反社と契約でDocomoとか?

投稿: 本人 | 2013年10月31日 (木) 23時26分

次は、ブランドホテルのレストランで反社と知りながら水を出していた

投稿: 本人 | 2013年11月 1日 (金) 00時05分

>反社と知りながら水を
これがホントの水ほ問題

-------------------------
みずほ銀行暴力団融資事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%BB%E9%8A%80%E8%A1%8C%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E5%9B%A3%E8%9E%8D%E8%B3%87%E4%BA%8B%E4%BB%B6

問題とされた230件のうち、警察により暴力団と認定されている先は1件のみであった[1]。また、自動車販売店におけるローンがたいそうを占めており、銀行員が直接融資取引に関わっていたわけではない。このことから、本事件は暴力団融資の問題という側面は実は希薄であり、当局対応やマスコミ対応等のコーポレートガバナンス全般の失敗が問題の本質であると言えよう。

投稿: 本人 | 2015年2月17日 (火) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みずほ反社/ 200件は数件だった:

« 雑記/ とっぱちからくさヤミツキ身辺事情 | トップページ | つわぶき と ホトトギス »