« かつて蚕(かいこ)は最大輸出品だった | トップページ | 尖閣諸島問題/ 沖縄もおーきに »

今日のコリントゲーム

ヒット率が高いって事は出玉が良いってことで、出玉が良いって事はピンが甘いって事だなと。ヒット率を上げるには狭く先端を目指すより、広く無節操に手を広げるのが良いんじゃなかろうかとか、日々脳が回転してるんだが。

パチンコ?やらないんだが、昔、家にコリントゲームってのがあったよなとググったら。ピンが甘いのと脳の間になにやら関係があるらしいと

コリントゲーム( ↓個人のページだが)
http://www.asahi-net.or.jp/~rp9h-tkhs/dg_kolin.htm

日本には昭和初期に輸入。小林脳行が「コリン」という名称で販売した。 この「コリン」は小林の読み方を変えたものと言われており、また、当時最後に「ト」を付けると流行ると言われたことから

んで小林脳行は現在 小林製薬に統合されてるそうで、小林製薬と言えば出す大衆薬のネーミングが … それって脳行からの伝統か?

小林製薬 ネーミング - Google 検索
http://bit.ly/11hkcl6

|

« かつて蚕(かいこ)は最大輸出品だった | トップページ | 尖閣諸島問題/ 沖縄もおーきに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のコリントゲーム:

« かつて蚕(かいこ)は最大輸出品だった | トップページ | 尖閣諸島問題/ 沖縄もおーきに »