« お天道様は見ててくれるのか、通り過ぎるだけなのか | トップページ | 遠隔操作、iesys.exeとは »

311津波被害からの再出発

復興と復旧は違うんだとか言葉遊びが偉そうな今日この頃ですが

高台にナントカって、高齢者がちな地域では相当無理があるんじゃないかな?

|

« お天道様は見ててくれるのか、通り過ぎるだけなのか | トップページ | 遠隔操作、iesys.exeとは »

コメント

高台の小さな集落では商店を維持することが出来ないので、小売店はいくつかの集落の中点の別の山にあることになる。足腰の衰え気味の高齢者は買い物に行けない。病院もいくつか山を越えていかないといけない。

インテリが頭の中で作っている高台と言う理想像は現実には最悪度が高い。

投稿: 本人 | 2013年3月10日 (日) 22時00分

東北地方太平洋沖地震/ 三陸名物、浮体エレベーターづくり家屋群: 鳥の使命
http://nessty.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-92a4.html

投稿: 本人 | 2013年3月10日 (日) 22時01分

優等生しかいない。優等生しか許されない窮屈な日本。

投稿: 本人 | 2013年3月10日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 311津波被害からの再出発:

« お天道様は見ててくれるのか、通り過ぎるだけなのか | トップページ | 遠隔操作、iesys.exeとは »