« 今日の駄洒落 | トップページ | 過充電のまえにチョイスミス »

マリの仇(かたき)をアルジェリア

アルジェリアでジダンじゃ無くて事件。邦人も何名か誘拐さる。と言うことで

花はマロニエ・シャンゼリゼから売られたお姉ちゃんが、フランスからの独立運動を蝦夷討伐にフランスに雇われた外人部隊とナニがドウタラとかの歌らしいがね。買われた命同士が。

作詞:大高ひさお 作曲:久我山明 歌手:エト邦枝
 ♪涙じゃないのよ 浮気な雨に
 ちょっぴりこの頬 濡らしただけさ
 ここは地の果て アルジェリア
 どうせカスバの 夜に咲く
 酒場の女の うす情け

 ♪歌ってあげましょ 私でよけりゃ
 セーヌのたそがれ 瞼の都
 花はマロニエ シャンゼリゼ
 赤い風車の 踊り子の
 いまさら帰らぬ 身の上を

 ♪あなたも私も 買われた命
 恋してみたとて 一夜の火花
 明日はチェニスか モロッコか
 泣いて手をふる うしろ影
 外人部隊の 白い服

ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、ニッキの負け

|

« 今日の駄洒落 | トップページ | 過充電のまえにチョイスミス »

コメント

外人部隊の白い服 ってのは砂漠迷彩かね?白一色かね?

投稿: 本人 | 2013年1月16日 (水) 23時42分

クレオパトラがカエサルに。って地中海を挟んで紀元前から

投稿: 本人 | 2013年1月16日 (水) 23時45分

この身をクレオパトラ
おまえをもうカエサル

ガイウス・ユリウス・カエサル (Gaius Julius Caesar)じゅりあす・しーざー

マリのお客を取ったってさ。そりゃ もう大騒ぎ
にしんの会/ 金のない女だって?: 鳥の使命
http://nessty.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-2fc5.html

投稿: 本人 | 2013年1月17日 (木) 00時26分

この間まで独立戦争や内戦やってた国なんで、
平和な国と感覚が違うんだろうね。

投稿: 本人 | 2013年1月18日 (金) 12時27分

人数が多くて、海外で、エネルギーがらで、政治も関わるんでアレだけど、いわゆる労働災害よね。
炭鉱爆発だともっと死んでたけどね。

投稿: 本人 | 2013年1月24日 (木) 19時03分

少し前に、日本に総会屋ってのがあって、不祥事やウヨ的傾向性で企業をゆすってたやつで。あの一帯の「許される感性」を背景にビジネスをやってると言うことなんじゃ無かろうかと。政治的なテロじゃなくて、政治的な風潮を利用したゴロ。ナントカ・ウィリスのダイハード2で思想を利用したビジネスで日本人を巻き込んだハンス君。やっと現実が映画に追いついた。

投稿: 本人 | 2013年1月25日 (金) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリの仇(かたき)をアルジェリア:

« 今日の駄洒落 | トップページ | 過充電のまえにチョイスミス »