« ウソ過ぎるのも本当すぎるのも怖いかも | トップページ | 12年遅れの21世紀の始まり »

SPEEDI情報を将来活かすために

俺は何回も書いてるんだけどサー。SPEEDI情報は福島まで伝わってたんだが活用されなかったんだろ?公開されなかったのが問題だと?公開しても現地は停電してて個人は情報入手出来なかったんじゃないか?

問題は
現場の自治体に伝達され保管や消去されたが活用出来なかった、ということで
情報が政府によって隠匿されたという事実と違う点で攻めても将来より良い結果を出すことにつながらないぞ。

河北新報ニュース SPEEDI 県、データ消去謝罪 伝達・共有態勢に不備
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1090/20120421_01.htm

調査結果によると、県災害対策本部は昨年3月12日深夜~16日朝、計86通のメールデータを受信した。このうち21通がUSBメモリーや印刷物で保管されたが、残り65通は消去された。

|

« ウソ過ぎるのも本当すぎるのも怖いかも | トップページ | 12年遅れの21世紀の始まり »

コメント

四日で86通だぜ。送らないどころか送りすぎだろうよ。
ほぼ一時間に一回送ってる。
手順に従ってやってるんだろうが、手順で頻繁に送るようになってるのは
頻繁に送る必要があったからだろ?

でも頻繁すぎて、ただでさえ混乱した現場にとっては負担になっちゃってたと。

問題を適切に切り分けないと、警察官大量動員を逃げ切れないよ。
つー事で逃げてる高橋メンバー、俺に似てる用意周到な人みたいな親近感があるんだよね

投稿: 本人 | 2012年6月13日 (水) 01時29分

風向きがしょっちゅう変わるんで対応して小まめに予測してたと言う事情もある様子。風が舞う。今出てる浪江町の方にって象徴的な画像のほかに、別方向に流れてる画像も有るんじゃないのか?

海辺だからなー。一日のうちでも海風山風。荒れがちな春だしなー。

投稿: 本人 | 2012年6月13日 (水) 13時00分

ヒツコクてすいませんが。手順はちゃんとやってたみたい。
-------------------------
緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Speedi

これらの結果は、ネットワークを介して文部科学省、経済産業省、原子力安全委員会、関係道府県およびオフサイトセンターに迅速に提供され、防災対策を講じるための重要な情報として活用されることが期待されていた。

脚注 [編集]
注釈 [編集]

^ ただし、SPEEDIの試算図の住民への公開を予定した法令は存在せず、防災基本計画も、安全規制担当省庁、関係都道府県への情報伝達を定めているに過ぎない

投稿: 本人 | 2012年6月19日 (火) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SPEEDI情報を将来活かすために:

« ウソ過ぎるのも本当すぎるのも怖いかも | トップページ | 12年遅れの21世紀の始まり »