« 東電が盗電になってないかの検証を | トップページ | サラリーマン社長は気楽な稼業ときたもんだ »

かゆいところにミューズが届いた(かもしれない)

たぶん一ヶ月ほど前から風呂であったまると両下肢が猛然とかゆくて、冷めると何ともなくなったり、一カ所だけかゆかったり。みても湿疹や虫刺されあとがあるわけじゃなく、でも毛穴一つだけ少しだけ赤い気がするとか、そこがかゆくて周辺一帯に波及してるんじゃないかとか、目視出来る明確な変異がないから、もしかしてアレルギー?とか、でも下肢だけだしなーとか、皮膚科へ行った方が良いけど待つのが嫌だしなーとか、消毒用アルコールが効いた気がしたんだが効いてない気もするから細菌じゃないかもとか、イソジンは全く効いてないとか、

そんな時に、薬用ミューズがあったのを思い出して、風呂の時に泡立てて塗りまくってしばらく放置してから洗い流したのよね。そんで翌日が今日。

効いた。(かもしれない)(まだ一日目だし)(プラセボ?)

つー事は菌だな。(かもしれない)(まだ一日目だし)(プラセボ?)

で。今、塗って洗い流さずにいる状態。ここがカユミの出撃基地ではないかと疑われる場所にミューズをしみこませたカットバンを(^^; 絆創膏「絆きずな」「創=傷」「膏薬」)

-------------------------
かきむしるオジサン

|

« 東電が盗電になってないかの検証を | トップページ | サラリーマン社長は気楽な稼業ときたもんだ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

二日目。リアルなカユミは全然無くなった。けどカユミの記憶が肉体に固定していて、かゆいような違和感がある。ただリアルなカユミじゃなくて想像カユミ。でもまだ二日目だし、プラセボかもしれないし

投稿: 本人 | 2012年4月12日 (木) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かゆいところにミューズが届いた(かもしれない):

« 東電が盗電になってないかの検証を | トップページ | サラリーマン社長は気楽な稼業ときたもんだ »