« 三国志/ タブレット用OSはまだ戦国時代であるらしい /i A W | トップページ | 冬眠防止カキコ /ストレスは人間を鍛えるか »

やっぱり女性記者は覚えていた65歳すけべ大臣

「鉢呂経産相は本当はなんと言ったのか?: 鳥の使命」の続き。

報道各社の「つけちゃう」「分けてやる」が違うんだが、これに結論を出さないまま過去の話になろうとしている。実際になんと言ったかも問題だが、報道の作法も問題なんじゃないか?と言うのが今日のお題。

たまたま近くにいて毎日の記者に対してなんかあったらしいんだが、報道はフジテレビが最初だったらしく、他の各メディアは確証もないまま、まるで見ていたかのように報じたんだが、そういう場合の報道は以下のようになるべきだったんじゃないのか?

「フジテレビは、鉢呂大臣が服をこすりつける仕草をしながら「放射能を移してやる」と言ったと報じました」

-------------------------

その後の鉢呂インタビュー「フジの記者は女性でその場にいなかったはずなんだが。別の男性記者だとしてもフジの記者はいなかったと思う」

受けてフジテレビ「記事作成過程は明かせないが、確実な情報に依っている」

「ふ~ん。記事を作成ね~」

|

« 三国志/ タブレット用OSはまだ戦国時代であるらしい /i A W | トップページ | 冬眠防止カキコ /ストレスは人間を鍛えるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり女性記者は覚えていた65歳すけべ大臣:

« 三国志/ タブレット用OSはまだ戦国時代であるらしい /i A W | トップページ | 冬眠防止カキコ /ストレスは人間を鍛えるか »