« 苦楽比率に関するおじさんの気分 | トップページ | 雑記/ やめられない止まらない福島原発 »

福島第一原発。初期の資料が出た

プレスリリース 2011年|TEPCOニュース|東京電力
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11051612-j.html

地震での圧漏れはなかったとか

「主蒸気逃し安全弁等の動作」

という記述があるが、蒸気の逃がし弁はどうも格納容器内に逃がすようで、格納容器の圧抜きはいわゆるベントなんじゃないかと、それも建屋内に出すのしかないという仏社の言と、建屋外に出すのしか見えないという青写真、

ただ。電源喪失での燃料溶融までの常識より早かったわけで、その原因が見えてきていない。

圧力容器内圧が上がって復水再循環系が逆流して、復水再循環系の圧抜き弁から格納容器内に漏水で冷却水喪失なんではないか?復水再循環系の逆流防止弁が機能せずとか

そんと1号機。地下室に水。どこから?いつ?がまだ不明。

-------------------------
やっぱり過去最も情報オープンな原発事故だな。

-------------------------
→サイト内検索で「福島第一」で関連記事がいくつかあります。

配置図と言われる青写真をまだお持ちでない方は ↓
reactorblueprint.jpg (JPEG 画像, 2500x1730 px)
http://www.houseoffoust.com/fukushima/reactorblueprint.jpg

|

« 苦楽比率に関するおじさんの気分 | トップページ | 雑記/ やめられない止まらない福島原発 »

コメント

用語統一努力 「復水」 →「再循環」

今までは冷却水が循環して圧力容器に戻る → 水が復する と使っていたんだが

緊急冷却で圧力容器内の蒸気を水に戻そうとするのを「復水」
と言ってるし、元々タービンで使った蒸気を水に戻すのが「復水」だし、
用語が意味二重になっちゃうんで、公式側の用語にそろえる努力をしました

投稿: 本人 | 2011年5月17日 (火) 01時05分

3号機の水素が排気筒を通って4号機に行って爆発とか、ここに逆流防止弁は付いてませんでしたとか、逆流を考慮しない人たちなんでないか?

投稿: 本人 | 2011年5月17日 (火) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発。初期の資料が出た:

« 苦楽比率に関するおじさんの気分 | トップページ | 雑記/ やめられない止まらない福島原発 »