« 雑記/ カタカナの「ト」と漢字の「卜」で暑い夏 | トップページ | 福島第一原発。初期の資料が出た »

苦楽比率に関するおじさんの気分

私なんかは、人間ってのは最長100年の誤差で死ぬんだから、それが今でもいいじゃんって思ってるわけで、自分のことなら苦しくないのがいいけどなと、でも過去、人間だけに絞れば、半数以上は苦しい死に方だったんだろうなと、だからもし自分がそうなったとしても人間として普通の死に方なんだと、

生き死にが大事件だと位置づけられてるから、精神的な大騒ぎになるんであって、ありふれたことだと、生きてる数より死んだ数の方が数万倍多いんだと、そのほとんどが苦しい死に方だったんだと。

なんとらヴァジラヤぁナとか。所詮そういうもんなんだから、より良くホ˚アしてあげましたと。でもそれって人為でしょ。人為って作為で、作為って苦の産物じゃないかしらとか。

一つの揺れとしては多くの人が死んだ。
地球ではいつも有ったことの一つだった。
私たちは私たちにしか通用しない方法で記録するだろう。
これからも一つの揺れで多くの生物が死ぬのに変わりは無い。

|

« 雑記/ カタカナの「ト」と漢字の「卜」で暑い夏 | トップページ | 福島第一原発。初期の資料が出た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦楽比率に関するおじさんの気分:

« 雑記/ カタカナの「ト」と漢字の「卜」で暑い夏 | トップページ | 福島第一原発。初期の資料が出た »