« 雑記/ 分離が過ぎれば独占を許す | トップページ | 福島第一原発1号機/ 屋根の落ち方 »

世界一成功した社会主義国家に磨きをかける

先日、金融機関には貸し手責任があるんだから借金減免しろよな発言があった枝野官房長官だが、今度は東電は普通の企業と違うから金融機関は貸してやれよと。ということで貸したらまた棒引きしろと言うことにならないかと。政府が保証をつけますよとかなら分からんでもないが、そうでもないらしい。

asahi.com(朝日新聞社):枝野氏「東電は普通の企業と違う」 金融機関の支援要請 - 政治
http://www.asahi.com/politics/update/0519/TKY201105190411.html

この震災以降、政府に社民的と言うより社会(全体)主義的なにおいを感ずるようになってて、まずいっす。

中央政府が無能だと責め続けるから、中央が動いて上から下に仕事をさせるような構図を作らせてしまう。現場が動いて障害(規制)を中央から取り除いてもらうように現場から上にという構図に持って行かないと、震災後の日本は中央統制計画経済色の強い国になっちゃうぞ。

ついでに、アホのハシシタとかはしゃいでるし、行政府はド謙虚ならんといけん。(問題なのは弁護士か?)

行政府の設定する線量基準はミニマムです。それ以上は各自の人生観でお願いします。だろ?

|

« 雑記/ 分離が過ぎれば独占を許す | トップページ | 福島第一原発1号機/ 屋根の落ち方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界一成功した社会主義国家に磨きをかける:

« 雑記/ 分離が過ぎれば独占を許す | トップページ | 福島第一原発1号機/ 屋根の落ち方 »