« 甘受/  二重に先生と言われるほどの | トップページ | 南北朝鮮砲撃合戦/ ステージの進化の読み解き方 »

菅内閣/ 人は自由に生きる野獣である

菅内閣なんだが。私から見ると案外よくやってると見えるんだが。発信力が弱いのは、本人たちが自分の方向性を意識化できてないからで、(意識化できていないから手探り状態で方向が定まらない)

日本では、ノー天気世論がテレビを中心としたメディアで作られていて、そのテレビ番組は浅薄なテレビ屋が作っているわけで、なんかあると政府はどうしたと責め立てればカンニング竹山的な視聴率稼ぎになるわけで、その扇動にまみれた視聴者の建前(たてまえ)の意見はその方向に作られていくことになるし、やがて視聴者も建前の駆使に熟達すれば本心を突き詰めるより与えられた建前に安住するようになってしまう。

なんかあっても、逐一対応しない菅政権は
この地域に生きる各自の最小の調和をはかるのが政府であり政府が手取り足取り全部やるものではない、という状態を意識的にか無意識的にか実践していることになっている。

雑多な各自に政府は民事不介入であると。勝手に生きて勝手に死ねと

|

« 甘受/  二重に先生と言われるほどの | トップページ | 南北朝鮮砲撃合戦/ ステージの進化の読み解き方 »

コメント

>なんかあると政府はどうしたと責め立てれば

何でも政府の対応がドウタラ言うメディアは
なんかあると社長を出せとか女じゃ分からんとかわめく
(モンスター)クレーマーみたいなもんだな。

メディア対応はクレーマー対応に準ずる体制を作るべきだな

投稿: 本人 | 2010年12月29日 (水) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅内閣/ 人は自由に生きる野獣である:

« 甘受/  二重に先生と言われるほどの | トップページ | 南北朝鮮砲撃合戦/ ステージの進化の読み解き方 »