« 底辺に墜ちる勇気が出ない | トップページ | 菅内閣/ 人は自由に生きる野獣である »

甘受/  二重に先生と言われるほどの

「甘受していただく」発言なんだが。いわゆる文学系を読まずに、弁当運びや法律関係書や判例集やばかり読んでれば、非法律用語の適正用法が分かって無くても仕方がないよ。逆に言えば、議員先生でもある弁護士先生が情緒にまみれた用語を使いこなせない為に礼を失した発言をした場合、キョトンとしたり傷ついたりすることを我ら庶民は甘受すべきだと思うよ。

asahi.com(朝日新聞社):仙谷氏の「基地甘受を」発言に抗議の意見書 名護市議会 - 政治
http://www.asahi.com/politics/update/1222/SEB201012220062.html

|

« 底辺に墜ちる勇気が出ない | トップページ | 菅内閣/ 人は自由に生きる野獣である »

コメント

んで。暴力装置の方は
自衛隊が暴力装置であるのは外国に対する場合と治安出動の場合で
仙谷さんが「暴力装置でもある」と言及したのは治安出動の方だろうな
しかし、その暴力行使はシビリアンの要請でなされるわけで
治安出動をさせることが出来る自治政府や中央政府がそもそも暴力装置なんだろうな。

官房長官という中央政府の主要構成員が、自分の暴力性を棚に上げて
下部組織だけをそうだと規定したのが、ごまかしだな。今にして思えば

国家行政という逸脱とか どこからが逸脱よとか

投稿: 本人 | 2010年12月23日 (木) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘受/  二重に先生と言われるほどの:

« 底辺に墜ちる勇気が出ない | トップページ | 菅内閣/ 人は自由に生きる野獣である »