« 実は勲章だった/サービス業の低生産性 | トップページ | 三度の飯より人事が好き »

無い頭で良ーく考える/ 円ドル元

2010年書き初め(かきぞめ): 鳥の使命
http://nessty.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/2010-bb4e.html

円ドルがね。アッチの事情でナニだから。コッチもアレでナカナカうま~な一年になると思うんですね。

アメリカは出口戦略だの(部分的であっても)バブルが起これば金利を上げる手もあるとか言い始めてるわけです。日本は1990年から20年経って出口戦略に二度?失敗してるんじゃないかと。そして今出口は全く見えないというか中国に嫌われないようにしなきゃと。

 で、日本の国債が破裂する時のイメージがつかめない。

 長期金利がハンパ無くあがるわけだから、あがる過程で外国から短期のを買いに来て短期のを主体に発行してさばけるんじゃないかしらね。中国が米債の次ぎに日本国債を買いに来ると。金融支配される日本だな。
 ハイパーインフレは10年来待っているんだが来る気配がない。供給サイドが強いからみたいだな。

 よーするに「中国がんばれ」しかないって(笑。 だけど元がドル連動して一緒に対円高になったら、自国で作るより日本から入れた方が割安ですってことになるわけで、じゃあ、ドルと一緒に高くなるより円と一緒に安くなって対米輸出(国際通貨決済)でお得になる道を選んだ方が良いんじゃないか?とか …

|

« 実は勲章だった/サービス業の低生産性 | トップページ | 三度の飯より人事が好き »

コメント

米中貿易でアメリカは「元決済」しないから

投稿: 本人 | 2010年1月 8日 (金) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無い頭で良ーく考える/ 円ドル元:

« 実は勲章だった/サービス業の低生産性 | トップページ | 三度の飯より人事が好き »