« A新聞/ 第二聖_教新聞 | トップページ | 世間様より私が正しい »

ノーベル賞/ 幽霊の正体見たり枯れオバマ

オバマ大統領の命令の下、米軍がまた新たな戦線を開く:イエメンに巡航ミサイルを撃ち込む 妹之山商店街
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/366.html

アルカイダが米系ナンカに攻撃が近くとか
-------------------------
でもチョイ待ちよ。アルカイダってのは有るかいな?
元々テロネットワークって抽象体だったのが、アメリカが偶像化してまるで実体があるような感じになって、方々の反米勢力がアルカイダ系を名乗って、でも体系的な指揮系統は持ってないはずで、ってのは有れば探知されてるから、パキスタン辺境のトライバルエリアに根城や訓練場があるとか、有るわけネーだろ。あれば探知されてるよ。

つまり。アルカイダってのは一貫して「雰囲気」「風潮」なんじゃないのか?あのあたりに跋扈する反米の雰囲気を共有するギャング連中。

そんな雰囲気におびえて巡航ミサイル打ち込んだわけで
「クリントン」もベイルートのミルク工場にいきなり巡航ミサイル打ち込んでて、アメリカの民主党ってのは枯れ尾花におびえて過激な行動にでがちなのかな?

|

« A新聞/ 第二聖_教新聞 | トップページ | 世間様より私が正しい »

コメント

↑ 誤報だった模様。

テロリストを攻撃したのはイエメン治安軍で、そのテロとの戦いをオバマが評価した、ってのが正しいかも。でもまだ確定はない

そんと。クリントンが巡航ミサイル打ち込んだのはスーダンでベイルート(レバノン国)じゃなかった。スーダンのどこかは不明。レバノンは中東、スーダンはアフリカ大陸。どっちにせよ地理はよー分からん。

投稿: 本人 | 2009年12月20日 (日) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞/ 幽霊の正体見たり枯れオバマ:

« A新聞/ 第二聖_教新聞 | トップページ | 世間様より私が正しい »