« 東南アジアで蝶を追った鳩に官憲せまるか | トップページ | 電気自動車輸出のクリアが必要な要素 »

豚ぶた子豚/ 今後の日程

もうすぐ週毎に100万人の新規感染者が出るわけで、つまり4週間の一ヶ月では400万人プラス(冬に向かっていくことを思えば500万人)の新規感染者になるわけで、

2009年11月12月、2010年1月2月3月4月5月までの七ヶ月間に3500万人が感染するわけで、致死率1%では35万人、0.1%では3万5千人、0.01%で3500人。これまでの推計0.001%なら350人となるわけで。致死率が変化するかを観察するのが大向こうウオッチャーの有るべき姿じゃないかと。

今までの致死率をあててみて7ヶ月で350人程度なら誤差の範囲だから冷めて見ていると。致死率あがたっぽければ「イヨッ。インフル屋」とか声をかけて楽しむと。それ以下なら「木戸銭返せ」とつぶやく、とか

豚ぶた子豚/致死率あたり: 鳥の使命
http://nessty.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-71d8.html

|

« 東南アジアで蝶を追った鳩に官憲せまるか | トップページ | 電気自動車輸出のクリアが必要な要素 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

WHOが発表。亡くなったかたは
日本は100万人あたり0.2人。
↓致死率
0.00002%。
0.025%。
↑自殺は1億2千万人に3万人。

投稿: 本人 | 2009年11月16日 (月) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豚ぶた子豚/ 今後の日程:

« 東南アジアで蝶を追った鳩に官憲せまるか | トップページ | 電気自動車輸出のクリアが必要な要素 »