« WBS/ 酸水素ガス | トップページ | 故人献金問題報道から見える思想的な深み »

より大きな対照群を見るが間違うかも知れない

先日のVIX指数なんだが。これってその構成員は個別の各方向性を持ってる非常に大きなサンプルの傾向性が抽出されてるわけで、「当座(今日)急落しました」とかをどう位置づけるかを見るのには良いんじゃないかと。でも例のリーマンショックや、にもかかわらずペロシ下院が対応策否決ショックで一気に恐怖に支配されたアレもあるんで平時の長期なら信用出来るってことに過ぎないかも知れない。

円ドル/ 2番底は無さそうと恐怖指数改善: 鳥の使命
http://nessty.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/2-b544.html

VIX 恐怖指数チャート
http://chartpark.com/vix.html

|

« WBS/ 酸水素ガス | トップページ | 故人献金問題報道から見える思想的な深み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: より大きな対照群を見るが間違うかも知れない:

« WBS/ 酸水素ガス | トップページ | 故人献金問題報道から見える思想的な深み »