« 続々/Zaurus後継?/ 来たかちょうさん待ってたけどホイ: 鳥の使命 | トップページ | 政官業学報、複合体を破壊せよ »

かかる時間に相成りました

久しぶりにカテゴリー「アポロ」です。

本日日本の(回文ではない)ロケットH2Bで国際宇宙ステーション(ISS)へ荷物を運ぶHTVってヤツが打ち上げられ無事軌道に乗ったとのこと。H2BってのはH2をもっと重い物を打ち上げられるようにした改良型で、その初回で大成功。これの延長線上に有人打ち上げも視野に入れてとか。そのころにはH2Bから改良型が進んでH2Oぐらいになってるかも知れないんだが「O」と「0」がフォントで見分けにくいんでイマイチだが「エッチ ツー オー」と読んでいただきたかったんだ。ま。めでたい話で。ついでにもっとめでたい話があって …

アポロ / 知性は破綻するためにあるか?: 鳥の使命
http://nessty.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_02c0.html

↑でアポロ11号の着陸船は月から打ち上がって3時間半ぐらいで上空を周回していた司令船とドッキングしたんだという話を書いた。スペースシャトルがISSとドッキングするのに2~3日かかってる(かけてる)わけだし、今回の日本のは11日に打ち上げでドッキングが18日。七日間かけるわけね。かけるか、かかるかは微妙だが。

で。アポロ11号は3時間半だという。

↓ ネットの朝日に出てないんで紙の朝日をスキャン。
Htv1

Htv3 Htv2

と言うことで。(七日間で)「徐々に高度を上げて」だそうです。やっぱり3時間半は無いんじゃないかと …

-------------------------

「秒速8キロの猛スピードで併走する」たって2機の相対速度はゼロなんだがね。リテラシーが … 科学系の人の添削受けてから記事出せよな。

そんと「時間遅れがあるなかでの微妙な作業」とあるが「通説では」40年前のアポロ時代に既に時間遅れは克服されていたわけで。40年たった今、それを問題とするのは「通説を信じる立場としては」情けないんじゃないのか?

|

« 続々/Zaurus後継?/ 来たかちょうさん待ってたけどホイ: 鳥の使命 | トップページ | 政官業学報、複合体を破壊せよ »

アポロ」カテゴリの記事

コメント

この再ドッキングの話をすると
無人でテストしてるんで有人でもアレなんだ、という声が出るようだが

無人でテストしたことになってるから、有人でもそういうことにしている
って事でしょ

投稿: 本人 | 2009年9月12日 (土) 22時21分

JAXA
最新情報:宇宙ステーション補給機(HTV) - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター - JAXA
http://iss.jaxa.jp/htv/news/

ミッション インポッシブルにならないように。テストを4日間やって、5日目に会議。6日目(今日)はISSにドッキング接近OKが出て、あした16日に接近開始で18日にドッキング成功。と言う日程で接近ドッキングはやっぱり2-3日かけてるわけだ。
-------------------------
軌道要素が分からない司令船に向かってアバウトに月から発射して
3時間半で再ドッキングはないべ。

投稿: 本人 | 2009年9月15日 (火) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かかる時間に相成りました:

« 続々/Zaurus後継?/ 来たかちょうさん待ってたけどホイ: 鳥の使命 | トップページ | 政官業学報、複合体を破壊せよ »