« もう一つのネバーランド/ パパが僕のために小学校を作ってくれた | トップページ | 秋の虫が鳴き始めた »

独裁者は時々地下にもぐることがある件

ソーカ関係大物の急変に関する噂が駆けめぐる: 鳥の使命
http://nessty.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-93a3.html

↑07/26のに続報が無く。某氏が金正日氏より発見されづらい状態みたいに見えると、選挙が近いのにどっかの大物がこの大物の側近に面談して選挙後の情勢の打ち合わせをしたらしいとかの情報もなく。

どうも。やっぱり。何かね。
目立つところから出てという案件がもし存在するなら
信者系の高級売春じゃなくて高級自由診療系病院に入っておられるんじゃ無かろうかと。いや脳死期間が長い確率はかなり低いので、特に高齢だと、うにゅうにゅ 口ごもっているわけだが、とりあえず選挙が終わってからだな

|

« もう一つのネバーランド/ パパが僕のために小学校を作ってくれた | トップページ | 秋の虫が鳴き始めた »

政権交代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独裁者は時々地下にもぐることがある件:

« もう一つのネバーランド/ パパが僕のために小学校を作ってくれた | トップページ | 秋の虫が鳴き始めた »