« 豚ぶた子豚。こんな時に♪免疫できないなんて~ | トップページ | 民主/小沢秘書逮捕) 続/A新聞の読み解き方 »

雑記/果実酒用35度焼酎で手指の消毒を

ウイルスとか菌とかの消毒にアルコールを使いませう。
どうせなら古くならないようにローテーションするために、消毒用アルコールではなく、飲用アルコールでどうでしょうかと

で消毒ならアルコール度数が高い方が正しいはずだからウォッカとか蒸留酒の仲間で。穀物や糖類を発酵させて蒸留して純アルコールを取りだして水で薄めるとかするヤツで日本では甲類焼酎って言う分類になるんだと思うが、蒸留したアルコールをナンタラ処理する過程で香りが移ったりするモノもあって、日本で入手しやすいのはジンあたりで、単体で飲むと味わいが案外強烈なんだが、ジンはカクテルのベースに使うのが一般的で、ジン単体で飲むのはイワユル依存症のかたなんじゃないかと … 。どんなに強烈かというと「ジン単体」は「仁丹みたい」なんだな。

ってのはコッチに ( \(^_\)ソレハ(/_^)/コッチニオイトイテ )
もっと入手しやすいのは20度、25度の甲類焼酎で、やや甘いけどホボ無味無臭、芋焼酎だとか称して臭みが残ってる風のがあるんだが、臭みが残る蒸留をするってのが難しいので、やっぱり純アルコールを造ってから乙類焼酎を混ぜてるんじゃないかと思うんだな。甲類のは1.8リットルで1000円ぐらい。最近は季節にしか出回らないんだが35度の果実酒用焼酎。梅酒とかブルーベリー酒とか。お庭で取れすぎたネクタリンをとか。漬け込むわけだ。漬ける前は甲類焼酎。漬けた後はリキュール類。になるんだな。でも35度の甲類焼酎は以前は通年出回ってたぞ。昔、ワタシャ自宅はこれだった。

(甲類焼酎)を常備して。長期備蓄でアルコールが抜けないように(w)ローテーションしながら、いざというときの手指の消毒に備えるのが良いんじゃないかと。でも、ローテーションのスピードが速すぎて肝臓が疲れちゃうってこともあるんで、そのあたりの節度はどうやって作るのか、という大問題が横たわっているわけで、飲まなくても怖くないんだよと呪文を唱え続けるしかないんじゃないかと。それがいつの日かしっくりと心に届いて脱煙ならぬ脱酒出来る日が、解放の時が来るんじゃないかと。

-------------------------
つー事で失速しないための助走ネタでした。

|

« 豚ぶた子豚。こんな時に♪免疫できないなんて~ | トップページ | 民主/小沢秘書逮捕) 続/A新聞の読み解き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑記/果実酒用35度焼酎で手指の消毒を:

« 豚ぶた子豚。こんな時に♪免疫できないなんて~ | トップページ | 民主/小沢秘書逮捕) 続/A新聞の読み解き方 »