« 続々/二階のハシゴ | トップページ | NHK予算は国会で決まる »

ヒッキーに対価を払うべきか(粘着と時間)

ネットの時事ヲタク系サイトでは「森田健作」千葉県新知事に関する「虚偽」「偽装」「迂回」の話題で持ちきりだが、それらは(なぜか)既存メディアでは報じられていない件ばかりで、ということは

どうせ一次情報は既存メディアの物に頼っているんじゃないか、というあっち側からの軽蔑的批判が必ずしも当たっていないのではないかと思わせる。ということ

政府系のインテリジェンスもその多くが公開情報の読み込みで成り立っていると言われている。公開情報はネット経由で入手可能なモノが多く、また入手可能な物の入手までの手順はネット経由の方が圧倒的に早く軽便である。

で。今回見えている状態は。まさしく公開情報へネット経由でアクセスし「分析」がなされているという状態で、必ずしも専門の分析官でなくとも、熱意と時間があればヒッキーこそこの分野の作業に適しているのではないかと …

|

« 続々/二階のハシゴ | トップページ | NHK予算は国会で決まる »

蛇足と愚問の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒッキーに対価を払うべきか(粘着と時間):

« 続々/二階のハシゴ | トップページ | NHK予算は国会で決まる »