« ♪ 3年目の増税なら大目に見てよ~ | トップページ | 雑記/はしゃいでる場合ですよ »

おいしいお肉がやってきた

十数年間冷凍保存されていた精子を使った体細胞クローンの飛騨牛のニュースが流れて、数日後には「体細胞クローン牛は食用に無問題」な発表があり(内閣府食品安全委員会の専門家ワーキンググループ(座長・早川堯夫近畿大薬学総合研究所長))。

でも体細胞クローンって最初は
「どうしてもそうしなきゃ作れない薬やホルモンやを作るために」として倫理問題をクリアしようとしていたわけで、それがあっという間に「おいしいお肉が食べたいです」になっちゃったんだよね

で、先日と同じ所の過去ログから持ってきた(ヘッダ形式を変えてあるが)。
「懐かしい目」http://homepage1.nifty.com/nessty/log/natukasi-1.htm
-------------------------

00036/00036 AAA00000  ネスティ         打算的決定の悲しさ
( 1)   03/03/23 23:13

1、
 以前体細胞クローン(ドリー)が生まれたときニュースでは人間の難病の治療に応用できる可能性を伝えた。
 次に日本で牛の体細胞クローンが伝えられたときニュースは「美味しいお肉が食べ放題かも」と伝えた。

2,
 ニュースが伝えたいくつもの国が「やっちまえ」も含んで信念を表明した。
 日本は「それが国益とも合致する」と表明した。
-----------------

どっか似てないか?

-------------------------

どっか似てそうなのは、アメリカがフセインイラクに攻め入った時「世俗イラク」は「イスラム原理(アルカイダと十把ひとからげにしていた)」と関係ないと思いながらアメリカすりよりの打算で動いた、って件。

↓ ------------ おまけ ------------- ↓

03016/03017 HGG02060  疾風怒涛体操     機上のドリーにインタビュー
(18)   99/08/14 23:00

「ドリーさん。生まれたときから6才だったそうですね」

「ええ。大正が15年しかなかったんです。」

                                       □  しっぷ  □
------------------

-------------------------

|

« ♪ 3年目の増税なら大目に見てよ~ | トップページ | 雑記/はしゃいでる場合ですよ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おいしいお肉がやってきた:

« ♪ 3年目の増税なら大目に見てよ~ | トップページ | 雑記/はしゃいでる場合ですよ »