« ネット・ブックを仕入れた件 | トップページ | 選挙は遠くなりにけり »

下半期が暗く始まった

ついこの間「R_E_I_Tのゲロ下げ」があって、原資がたりなくて買いそびれたんだが、あのとき買ってたら、一層のゲロ下げで損を拡大してるところだった、アブナイアブナイ。でもそれ以前のがぞっとするような状況で、なんで後半期に入ったばかりでこうなの?って状況。円ド_ルも105円106円でナニしてるのになぜかそれ関係がゲロ下げで、

と言ってるうちに米系の切り売り物件が(AIGとかワコビアとか、リーマンの残党とか)好調に捌けているようで、当初の投げ売り体制が過ぎれば安定して「上」を目指していくんではないかと。でもそれまでワシの胃はもつのか?安定剤でも処方してもらいに行った方が良いんじゃないか?そうだ、ねらいは大衆胃腸薬の株だな。

でもなー。もう弱り切ってると思ってたら、まだゲロ下げする体力が…

メディアのみなさまも「一面トップ」で煽ったりせずに、静かになま暖かく見守ってやってくださいな。

|

« ネット・ブックを仕入れた件 | トップページ | 選挙は遠くなりにけり »

コメント

でもよそのやつは信用できないと、ドル持って抱え込んでるんで、政府筋が元もと備蓄してあったドルを大量放出してるわけで、気配がゆるんで民間のドルが流通始めると、あっという間にドル過剰で「バブル」が起こるんだが、同時に過剰なドルは安くなるんじゃ無かろうか。アメリカは大盤振る舞いで大量起債だから債券安か?よー分からんが、ドルヘッジ無し債券は逃げられるうちに逃げておいた方が良いかな。まだ逃げてないという…

投稿: 本人 | 2008年10月 5日 (日) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下半期が暗く始まった:

« ネット・ブックを仕入れた件 | トップページ | 選挙は遠くなりにけり »