« 「かぐや」が見たというアポロ15号の着陸跡はどうなっていたか | トップページ | 炭を直感した件は済なんだろうか? »

月は砂漠かボタ山か

Image3 アポロイメージギャラリー「15号」の「12446」なんですが (←画像クリックでNASA元画像http://www.hq.nasa.gov/office/pao/History/alsj/a15/AS15-92-12446.jpgに飛びます) この地面の素材感。記憶のどこかにあるぞ とたどっていったら「ボタ山」に行き着きました。炭坑で石混じりの所から石炭を選りだして残りを捨てたんですね。粒状は砂礫というレベルから石というレベルまで、色がまさしくコレ。日本ではそれを山に積んでそこに雑草とかはえて「ボタ山」になったわけです。その雑草が生える前の「ボタ」がちょうどこういう素材感でしたね。(濡れてる感じが なんかオイリーなんです)。

アメリカでは石炭は露天掘りです。ボタは一時「山」に積まれると思いますが、その後掘り取った露天に埋め戻すんです。埋め戻しは環境意識が出てきたあとでアポロ計画の頃どうだったか(山と積んだだけでおしまいだったか)は知らないんですが、ボタは盛大にあったはずです。

今日のお題は単に「似ているのを思い出したよ」って事で

-------------------------
当サイト内関連記事はカテゴリー「アポロ」←↓→クリックでまとめてごらんいただけます。

|

« 「かぐや」が見たというアポロ15号の着陸跡はどうなっていたか | トップページ | 炭を直感した件は済なんだろうか? »

アポロ」カテゴリの記事

コメント

そんで靴跡なんですが。元警視庁鑑識みたいな人にみてもらうと、深い かも知れない。

投稿: 本人 | 2008年5月24日 (土) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月は砂漠かボタ山か:

« 「かぐや」が見たというアポロ15号の着陸跡はどうなっていたか | トップページ | 炭を直感した件は済なんだろうか? »