« 長続きしないコモディティ投機 | トップページ | 企画提案 全国標準木めぐり »

続)コモディティ投機 バイオ燃料

穀物をバイオ燃料に使うから相場が上がるんだって言われてたんだが、考えたらそれって笑っちゃうような理屈で

バイオ燃料って加工したあとでバーレル100ドルとかの線におさめなきゃなわけで、食用の価格設定ってのはとても高いんで、割が合わないだろう。しかも自分で原料の仕入れ価格を高騰させちゃってるし。穀物からバイオ燃料ってビジネスモデルがそもそも成り立たないんじゃなかろうか。

つまりバイオ燃料目当てで作付けが増えてるとしたら、間もなく破綻するんで、食用穀物で投げ売りが始まるに違いない。

-------------------------
うまく理屈を作って世界を信じさせて相場を高騰させて儲けた怪盗ルパンみたいなヤツがいるわけで、それに乗せられて穀物増産して、実際の収穫が上がった時に初めて、その収量に行き場がないことがわかって呆然とすると言う。

バイオ燃料ってビジネスモデル自体がオレオレ詐欺みたいなもんだな、てな事に気付いて、オレオレで世界が踊ってるんだと楽しくて、深夜一時にもかかわらずパソコンを立ち上げなおしたんでした。

|

« 長続きしないコモディティ投機 | トップページ | 企画提案 全国標準木めぐり »

コメント

今、目の前に25度の焼酎甲類があるんだが。これって1リットル500円ぐらいだね。さらに蒸留して100度にしたら量が4分の1になるわけで250ミリリットル500円だな。

穀物バイオのビジネスモデルがドンダケェートンデモかってのが分かる。

またパソコン落としたんで、今回はPDAで書きにきました。

投稿: 本人 | 2008年3月21日 (金) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続)コモディティ投機 バイオ燃料:

« 長続きしないコモディティ投機 | トップページ | 企画提案 全国標準木めぐり »