« 続/雑記/ 2007/11/30 | トップページ | 不況スパイラル/薄利多売が出来ない時代 »

雑記/ 2007/11/30

ADSLモデムが不調な件。この際光へ移行とか思っているんだが、あれって現場確認と工事と二回立ち会わなきゃいけないでしょ。ナカナカ難しいナーと。もそっと都市部で谷底じゃなけりゃイーモバの7Mサービスなんてのも選択肢に入ってくるんだが、ここは東京と言いながら田舎でおまけに谷底で。

-------------------------
円はどこへ

紙の朝日でドル安特集記事あったが中身はあまり無かった。無かったんだが派生して考えていたところ「円」は他国の外貨準備に回っているんでは無かろうかと。そこで吸収されてるんで需給関係でだぶつかないで上がり気味になる、と思っていたら今日はドルが少し戻した。

日本が「間」を喪失した件

林家三平さんでも「だぁーー」とやった後「間」を取ったわけだが、その「間」に三平さんの話芸が心に落ちて、そのナンセンスに思わず笑いがこぼれたわけだ。「間」が無ければ人情を感じる間もなく、間抜けに気づき噛みしめながら苦笑することもないわけだ。「間」が事象を各人の心に落ちこませる。「間」が無く立て続けにギャーギャーと畳みかける電波が日本全国に降り注ぐために、地方病としてではなく全国区症候群としてモンスター ペアレントや ぶちギレル中高年が発生しているのではないだろうか。

以前、バブルの頃、まず子供達が壊れた。なんでもまず「これいくら?」と金に換算して高価で無い物を無価値に分類した。そして次第に大人達も壊れていった。生活の外注(アウトソーシング)で家庭から生活が消えていった。金で解決できるものは金で済ませよう。(思えばとっくにその時代は来ていたわけで、先日やっとカミングアウトした堀江モンは時代に相当遅れていたんだ)

そしてキレル少年、不気味な少年、衝動を制御できない少年から、ぶちギレル中高年へ。「過去」の蓄積がないところに影響が出やすく、過度になると過去の蓄積を無効化して症状が出てくる。

地方病としてではなく、全国区症候群として出ているなら全国統一された原因があると考えねばならない。→のサイト内検索に「吉本」を入れてみてください。

一旦書いて消えちゃうとやる気なくす件

|

« 続/雑記/ 2007/11/30 | トップページ | 不況スパイラル/薄利多売が出来ない時代 »

過程の事情」カテゴリの記事

蛇足と愚問の日々」カテゴリの記事

コメント

お風呂に入って帰ってきたら消えた記事が出現していたよー。って事でなにとぞよろしくですぅー

よそさんのココログでも不具合発生あった模様。また長時間メンテか?

投稿: 本人 | 2007年12月 1日 (土) 01時22分

ホリエモンは1972年生まれだそうで、バブルの頃(1985年から5年ほどか?)13歳から18歳だ。つまり遅れてきたバブルじゃなくて「なんでも金に換算して価値評価する世代」だったんだ。アレの帰結がホリエモンだったんだ。

投稿: 本人 | 2007年12月 1日 (土) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑記/ 2007/11/30:

« 続/雑記/ 2007/11/30 | トップページ | 不況スパイラル/薄利多売が出来ない時代 »