« 雑記/ 2007/11/27 | トップページ | 雑記/ 2007/11/30 »

続/雑記/ 2007/11/30

なんかADSLモデムの調子が悪いみたいだが、特定できないのでだまし騙し使う。前回は保安器の調子がと思ったんだが、今回はモデムみたいな感じ。PDAザウルスのブラウザのブックマークを整備しつつ万一に備える。ザウルスで使っているAirH"系の回線は実質70kbpsぐらいで銅線電話のダイアルアップ接続並みなんだな。昔はそれでも充分早かったわけだが、コンテンツがリッチになった今あまりにまだるっこしい。純正VGA(640*480)の画面もメイン機にするには相当無理がある。母艦の回線をナントカせねば。

-------------------------
すぐ前の記事「鳥の使命: 雑記/ 2007/11/27」の続き。

黒革の手帳

額賀宮崎アワー会食でアッチは自民党総出で「第二の永田メール」だと自信たっぷりに大騒ぎしてるんだが、自民党の根拠の重要部分は額賀の持参データでしかなく、いかがわしい会食に同席したホントのことを言えない人たちの証言でしかなかったわけだ。一方、民主の根拠は「メモ魔守屋の、黒革の手帳」であったと言う事情が次第に明らかになりつつある。大見得切った大島国対なんかどうするんでしょうか。

アワー証言も、アワー氏がアメリカの国内法的にやばいことがある場合は額賀と会ったとは言えないわけだ。

憶測はチラチラ出てきている。額賀財務大臣が守屋らの会合への出席を強硬に否定するわけ?(現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ) クマのプーさん

平成方丈記

目ぇー入れろと指示した「テレビにも映っとったんなら、言ったんやろ」がメキシコに飛んで視聴率が良いと他局も群がり、目ぇー入れた張本人が謝罪会見したら視聴率に良いと他局が群がり、朝青龍が帰国したと、あのオヤジがクサイと、相変わらずみんな雪崩を撃って上ホロカメットク山に埋まりに行ってるわけで、三千年後にはポンペイの火山灰の下からそろって発掘されて往時の栄華が忍ばれることになるわけだ。ただ春の夜の夢のゴトシ。日本は遠くなりにけり。

「間」を喪失させた軟弱電波

モンスター ペアレント とか ブチ切れる中高年とか、どっかの地方に起こるご当地病なら何らかの地域特殊の事情があるものと思われる。しかしそれが日本全国で起こっているなら、そうさせている原因は日本全国に一律に降り注いでいる電波がナニではないかと。ギャーギャー騒がしくギャーギャー絶え間なく。林家三平さんだって「だーー」とやったあとに「間」を取った。「間」があるから三平の話芸が意味深かったのか間が抜けていたのか気付くことが出来て、人情話が心に落ちたり、ナンセンスに思わず笑いがこぼれたりできるわけだ。「間」もなくギャーギャー畳みかけるのは精神活動の疎外である。……以下私には難しすぎるので略

|

« 雑記/ 2007/11/27 | トップページ | 雑記/ 2007/11/30 »

過程の事情」カテゴリの記事

蛇足と愚問の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続/雑記/ 2007/11/30:

« 雑記/ 2007/11/27 | トップページ | 雑記/ 2007/11/30 »