« 雑記/2007/10/15 | トップページ | やはり報道されない丸P献金 »

去る国は日々に疎し/遠くの本国より近くの友軍

テロ特措法出動中の自衛艦の給油歴等も書かれた航海日誌が保存期間中にかかわらず破棄されていた。

素直に読めばありがちな解釈だが、別の解釈をすれば油を横流しして裏金作ったんじゃないかと。今度の給油新法にしても遠くペルシャ湾あたりで法律が守られているのをどうやってチェックするのかが、ひげの隊長なわけで、「わざと戦闘に巻き込まれることで参戦するつもり」なのをどうやってチェックするかが重要なわけだ。

戦場では戦友との過剰ななれ合いが優先されがちなわけで、それが日本の国内法に反しようと、どうせ見ていない不実な本国政府より同盟軍への配慮が優先されるわけで、美しい戦友との交流だったり美談に仕立て上げられて

ひげの隊長は自分の部隊が「わざと巻き込まれることで」全日本を戦争に巻き込もうとしていたんだ。アイツは軍法会議で死刑相当だな。

-------------------------
航泊日誌、保存期間中に破棄=インド洋派遣の海自補給艦(時事通信) - Yahoo!ニュース
"Yahoo!ニュース関連記事

    * 「言い訳できない」=補給艦の航泊日誌破棄で-福田首相(時事通信) - 10月16日21時 1分
    * 航泊日誌、保存期間中に破棄=インド洋派遣の海自補給艦(時事通信) - 10月16日21時 1分
    * <防衛省>海自補給艦「航泊日誌」の一部、誤って破棄(毎日新聞) - 10月16日20時10分

"

|

« 雑記/2007/10/15 | トップページ | やはり報道されない丸P献金 »

ニュース」カテゴリの記事

蛇足と愚問の日々」カテゴリの記事

コメント

給油新法。
アメリカは補給艦を持ってるんで対米補給はしないと明記すればいいんじゃなかろうか。「ショーざフラッグ」と言われてビビッてるわけで、オイルをタダでよこせと言われたわけではないんだから。

投稿: 本人 | 2007年10月17日 (水) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 去る国は日々に疎し/遠くの本国より近くの友軍:

« 雑記/2007/10/15 | トップページ | やはり報道されない丸P献金 »