« 丸川を支配するカルトに触れられ始めた | トップページ | 客観湿度と体感湿度 »

時代に阻まれる(はばまれる)打ち水

たとえば江戸の町で辻に打ち水すると、水は土にしみこんで徐々に土中の蓄熱を奪いながら蒸発していったわけだ。

しかし今、舗装路に打ち水しても表面の焼けたアスファルトをやや冷やす効果はあっても、土中の潜熱を引き出しながら冷やす事にはならないのではないか。

打ち水が蒸発する当座のムシムシが終わるとまた、焼けたアスファルト。

|

« 丸川を支配するカルトに触れられ始めた | トップページ | 客観湿度と体感湿度 »

蛇足と愚問の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代に阻まれる(はばまれる)打ち水:

« 丸川を支配するカルトに触れられ始めた | トップページ | 客観湿度と体感湿度 »