« 雑記/2007/06/19 | トップページ | J-REITの命運 »

続)アポロ疑惑/月面車

いつもしつこくてすいません。鳥の使命: アポロ疑惑/月面車の続きなんですが。物を運ぶ時に「ペイロード」って言葉がありまして、貨物航空機なんかで「ペイロード2800kg」とか使うんですよ。最大積載量って言いますね。で、ですね空を飛ぶヤツがこれに神経使うわけです。燃料がどれだけ重量あって、ペイロードがどれだけとね。燃料減らせばペイロード増えるわけです。

で、宇宙に打ち上げる物なんかも実にペイロードが大事なわけです。下の写真を見てください。アポロ15号が持って行った月面車です。人が乗って28キロも動き回ったんです。動力は電気モーター。モーターってコイルをきつく巻いた重量物です。電池も基本的に重量物です。ってことで

アポロ マニアックス : アポロ計画の月面車によると「"地球上で総計1140ポンド(約517kg)の貨物を輸送する能力があります。 これは自重の約2倍」だそうです。つまり月面車の重量は258kgです。月面車のペイロードは優秀なんですが、258キロもあってアポロ打ち上げのペイロード的にどうなんでしょうね?

こんな重量物よく持って行けましたよね。大きいし。地球の1/6の月重力でタイヤが空回りしない工夫はないし(キャタピラじゃない)。ネッ。でしょ?

Getumennsya1_1 Getumennsya2





-------------------------

当サイト内関連記事はカテゴリー「アポロ」でごらんいただけます。

 

|

« 雑記/2007/06/19 | トップページ | J-REITの命運 »

アポロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続)アポロ疑惑/月面車:

« 雑記/2007/06/19 | トップページ | J-REITの命運 »