« 三権分立を構造的に担保せよ | トップページ | カリフォルニア在住の日本人が »

続)三権分立を構造的に担保せよ

最高裁がシバシバ憲法判断をしない件。

三権分立を機能させるためには最高裁が判断しなきゃいけないわけで、それをしないって事は最高裁の職務怠慢とか、機能不全というか、サボタージュというか、存在無意味というか

そういった積極的な非難対象事項になると思うんだな。

憲法判断しないことで二権の暴走を容認するわけだから。

この際もう一度中曽根さんに「司法の給料泥棒とか」と恫喝してもらった方が良いな。

|

« 三権分立を構造的に担保せよ | トップページ | カリフォルニア在住の日本人が »

ニュース」カテゴリの記事

社説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続)三権分立を構造的に担保せよ:

« 三権分立を構造的に担保せよ | トップページ | カリフォルニア在住の日本人が »