« 続)来ない東京五輪 | トップページ | アポロ帰還時のドッキング »

シャイな国民に求められる社交性

今日の大きなニュースで「先の戦争中に本人の意志を無視して強制連行され意志を無視されながら労役に就かされた者が求めていた損害賠償はなされる事はない、と最高裁が認定」みたいなのがあって、大変な思いをした方にどうにも出来ないのは情けないんだけど

ここから本文ですよ

これは他国の人が日本に対して賠償しろと求めてきた案件で、それに応えられなかったのは、当時のサンフランシスコ講和条約による制約が原因なんだ、と最高裁が認定したわけですね。つまり、裁判自体が無理筋だったんだ。日本は法治国家だ、と。

でも最高裁は、法律的に賠償請求権はないが、請求権自体が消滅してるわけじゃないから法に依存しない形の請求はやりなさい、みたいな言語明瞭意味不明な事を言ってるわけですよ。

法治国家であると共に、心ある人がいる国なんだから、ってあたりの言い方かな。

で、ですね。確かにいけない事をした過去があって未解決のまま引きずっていてなんとかしなきゃいけないんですが、そこにこだわってるうちに延々と放置されてきた もっとなんとかしなきゃいけない問題が有るわけですよ。そっちはどうするんだと。オトシマエつけさせろと。

それが何かというと
明らかに民間人の大量虐殺を意図した空襲や原爆で傷ついた方や、なくなった方の遺族に対する謝罪をアメリカに要求しろって事ですよ。閣僚は出来ないでしょ。それ以外の政治家がやらなきゃ。やらないなら、やるようにメディアがプレッシャーかけなきゃ。他国にとやかくじゃなくて、自国民を虐殺されたわけよ。サイモン・ヴィーゼンタール協会みたいに陰湿に追いつめなきゃダメでしょ。

対米国債カードは切れないが、別のカードも持ってるんだと。安倍ちゃんがアメリカにいる今のうちにギラリとヤイバを見せとかなきゃ。ブッシュが自分よりバカを見つけて有頂天になってる時に、実はこいつは怖いぞと、脅しをかけなきゃ。

でしょ。

|

« 続)来ない東京五輪 | トップページ | アポロ帰還時のドッキング »

ニュース」カテゴリの記事

メディア論」カテゴリの記事

蛇足と愚問の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャイな国民に求められる社交性:

« 続)来ない東京五輪 | トップページ | アポロ帰還時のドッキング »