« 雑感/都知事選 | トップページ | 都心ブランド不動産はバブルか? »

コムスンも加護ちゃんだった件

不動産の債券化ってのがありますが、債券の向こうでナニが行われているのか、債券買ってる素人さんには皆目わからないんですね。で↓のこれなんか介護の債券化と言うべきなんでしょうか。もっとちゃんと考えないとずるがしこい人たちに騙されちゃいますよね。
-------------------------

Yahoo!ニュース - ロイター - グッドウィル、子会社のコムスンが都から業務改善勧告

かいつまんでいうと
バブル期に「ジュリアナ東京」とか「六本木ベルファーレ」とかを経営していた人が始めた「グッドウィル」って会社の介護関連産業の一部門である「コムスン」が事業所として本来必要な人数の「介護要員」を置かずに東京都から「介護事業の指定」を受けて

指定がなければ受けられなかったはずの「介護保険負担分を」4300万円都から受けていた。それが不当であると過誤払い分の返還を求められた。↓の記事の8割に対応する分が4300万円か、または8割のうちの一部に対応するのが4300万円なのか不明。

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - コムスンの都内事業所、8割に報酬過大請求など問題点

さらに、都が、悪質な3事業所の「介護事業」「指定取り消し」をしようとしたところ、先手を打ってそれらの事業所の廃業届を出して「やめちゃった事業に指定取り消しは出せない」状態にしてしまった。

「うちは指定取消処分なんか受けてませんから~」

-------------------------

で、ですが。不動産の債券化で人気ブランド地域がバブル化してるとかナニですが、あれは既存人気ブランドには金に糸目をつけない人たちを対象にしているんだから、アリガタイ ブランド財布が10万円とかの仲間で、都内はバイクで軽快こまわり君より、でっかいメルセデスでチマチマのろのろの方を選択する人たちむけで、あのバブルはビジネスモデルとして良いんですよ。

一方に安売り店群があって、なんというか。おやすい肉は発色剤で色よくして、水を含ませて増量してね。

介護ビジネスも、高所得層向けのケア付きマンションと
庶民向けのグッドウィルなのがあるわけですね。

安倍ちゃんとか結城純一郎とか一単位も取らないんだが豪勢な留学と
庶民向けの駅前留学と。

つーことで、富裕層に寄生するタイプの人と、底辺に寄生するタイプの人がいるって事で今回はよろしく

|

« 雑感/都知事選 | トップページ | 都心ブランド不動産はバブルか? »

ニュース」カテゴリの記事

蛇足と愚問の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コムスンも加護ちゃんだった件:

« 雑感/都知事選 | トップページ | 都心ブランド不動産はバブルか? »