« 春と夏の狭間で | トップページ | 大槻プラズマのアポロ観 »

産業構造の転換期に立ち会う

そんで中国のお金持ちの話なんですが
彼らは自分の才覚でお金持ちになってるんです。
生まれた土地に資源があったんでお金持ちになった人たちとは違うんですね。でもそっちの人たちに比べて黄色人種なんで人種的偏見で見られがちですよね。

中国は地下に資源が眠ってなかったが、地上に13億の資源があったと見る事も出来ますね。それを使って一次産業、二次産業で富をなした人から、日本は三次産業で上前をいただく。

21世紀の日本の生きる道がやっと見えてきましたね。

|

« 春と夏の狭間で | トップページ | 大槻プラズマのアポロ観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産業構造の転換期に立ち会う:

« 春と夏の狭間で | トップページ | 大槻プラズマのアポロ観 »