« 中川昭一えらい | トップページ | 続)「金のなる木」が発明された件 »

「金のなる木」が発明された件

たぶん時間で消えちゃう & 以後報じられず闇に消えてしまう可能性が高い ので、とりあえず押さえます。
-------------------------
中川昭一発言は壮大にスルーされ、六カ国協議は「北朝鮮の核問題を巡る」と枕詞が必ずつけられ、全国メディアは一元管理されているのが伺われる状況になっています(いま始まった事じゃないが)。その中で「赤書特筆」すべき注目ニュースを流してくれるところもありやる気のある人もいるのだと、幾分かは救われる気持ちがします。しかしそれも多勢に無勢。飲み込まれていく運命にあります。と言う状況下↓の記事を全文ここにクリップしながら関係者からの削除要請を待ちます。

2003年に事実上国営とした「りそな」銀行に2003年から生殺与奪権を握った政権与党が金まきあげて、政権与党の財布代わりに使っていたという記事。またその私的財布から出させた金でほかの借金を返して、そのほかの銀行から政治資金を受け取ろうとしている件。自民党の銀行からの借金は2002年には総額38億円だったが2003年には54億円、2004年には77億円、2005年には80億円に増え、そのほとんどが事実上国営化され政権党が生殺与奪権を握っている「りそな」から貸し付けられている件。↓線以下がアサヒコムからのピン留め
-------------------------
asahi.com:りそな銀行、自民党への融資残高3年で10倍 - 政治
2006年12月18日06時08分

 自民党に対する大手銀行の融資残高が05年末で約80億円に達し、3年間で倍増したことが17日、わかった。03年春に実質国有化されたりそな銀行が同 期間に融資残高を10倍に急増させたためだが、三菱東京UFJなど3メガバンクは融資を圧縮しており、自民党から3メガへの返済をりそなが肩代わりした形 だ。3メガは政治献金の再開を検討中で、再開すれば政権与党に対する融資の返済原資を今度は大手行自らが穴埋めする構図になる。利用者などからの疑問の声 も高まりそうだ。

 自民党本部の毎年の政治資金収支報告書によると、05年末の銀行の融資残高はりそなが約54億円と突出。メガバンクは旧東京三菱(現三菱東京UFJ)銀行が3億7500万円、旧UFJ(同)、みずほ、三井住友各銀行が7億5000万円となっている。

 メガバンクの融資残高は02年末で約33億円だったが、05年末には約7億円減の約26億円になった。一方、03年春の経営危機で約2兆円の公的資金が投入されたりそなは、02年末(当時は大和銀行)の残高約5億円から、05年末には約54億円まで急増させている。

 衆参両院に支店を持つりそなは旧大和銀行時代から永田町と関係が深く、国政選挙で資金を工面してきたとされる。

 大手行は93年の総選挙の際、当時の都銀8行が自民向けに総額100億円の協調融資を実施。将来の企業献金を返済にあてることが融資条件で、経団連(現日本経団連)の平岩外四会長(当時)が「経団連が返済に協力する」との念書を銀行側に示したとされる。

 返済が必ずしも確実とは言えない政党融資に対し大手行は当時から慎重で、その後の政党交付金制度のスタートや不良債権問題、公的資金注入などで慎重姿勢 をより強めた。りそなだけが融資を増やした理由について、りそなホールディングス広報部は「融資の個別案件には答えられない」としている。

 公的資金完済を機に、メガバンクは98年以降自粛してきた自民党への政治献金を再開する見通し。再開すればりそなや自行の融資に対する 返済資金の一部を、銀行自らが負担する奇妙な構図になる。その間、大手行は経営危機寸前まで追い込まれた不良債権を公的資金で処理し、過去最高の利益水準 まで回復した。

 旧第一勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)出身で、作家の江上剛氏は「献金の形で返済の一部を事実上免除するのは、タコが自分 の足を食うようなもの。大手行は公的資金や超低金利で巨額の不良債権を処理できた。利益還元で優先すべきは政党ではなく、国民や利用者ではないか」と批判 している。

Tky200612170203_1Tky200612170209_1

|

« 中川昭一えらい | トップページ | 続)「金のなる木」が発明された件 »

ニュース」カテゴリの記事

メディア論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「金のなる木」が発明された件:

« 中川昭一えらい | トップページ | 続)「金のなる木」が発明された件 »