« アウトブレーク とびひ 拡大経路(皮膚科 | トップページ | こない東京五輪 »

憲法の政教分離の原則

かつて政教分離が望まれるような状態があった。
関わる事柄は、これをふまえた上で行われるべきだ。

と言葉少なに…

|

« アウトブレーク とびひ 拡大経路(皮膚科 | トップページ | こない東京五輪 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

言葉少なにといいながら…
コイズミの老人性意固地を通したこの国って…

無力感に襲われているんですよ。これは国民を死地に動員した装置を現在どう位置づけるかという問題なんだと、ネットの(別の)隅っこで細々とながら一貫して言い続けてきたわけです。しかしメディアは「他人からとやかく言われる問題」という視点ばかりで「自分にとってはどうか」という視点の提示をしなかった。

結果。「とやかく言われる筋合いはない」派が圧勝した。

それだって「他人からとやかく言われる」のに反発しているんだから「他人の価値観の表明」に対して異常反射しているだけなんだが。

自国民を死地に動員し、圧倒的に多くの者を餓死、戦病死させ、また国内では多くの人が空襲で生きながら焼かれた。

その第一の責任は日本国政府にあるんだから。まず

政府は国民に謝れ。
それなくして浮かれて踊ってるんじゃない。

って事をね。言ってきたし、これからも(ここでも)言いたいんだけど。ネットの隅っこでね。細々とね。

投稿: 本人 | 2006年8月15日 (火) 21時34分

↓愛川欽也パックインジャーナル@Yahoo!で下村暁子さんも日本自身の問題としてまずやれって力説してますけど、元朝日新聞論説委員が影響力を行使できないぐらいだから、うちらはどうにもならないな。隅で細々といきます。(↓ieで見に行ってください)
-------------------------
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00064/v00134/v0013400000000283638/

投稿: 本人 | 2006年8月17日 (木) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法の政教分離の原則:

« アウトブレーク とびひ 拡大経路(皮膚科 | トップページ | こない東京五輪 »